スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.14 Saturday
    • -
    • -
    • -

    なんとなく

    0

       

      久々に。

      ここ最近は仕事が忙しくて

      めまぐるしくて、

      その中で楽器をちゃんと。吹く環境を作って

      1日がほんっとに足りないくらいだけども。

      将来的によかったって、きっとなる

      人生経験のうちだと思っている。

       

      同期が音楽でプロオケに乗り始めて、

      嬉しいと思う反面最近はよく

      自分は何してんだろうなぁ〜

      とか考える日々が少なくはない。

       

      でも、これがわたしの人生。

      って、思い込もうとしているような気もする。

      最近はへたれすぎて

      早く結婚して、子ども産んで

      家庭の中に落ち着きたい、と思う逃げの考えもある。

       

      わたしは今自分の人生に呆れている。

      もう一度軸をしっかり。

       

      そんなことを再確認した。

       


      結局原点。

      0
        昔、私は人と関わり合いを持つことが面倒だと言った。
        けれども、人と関わることをなくすのは嫌だった。
        それのぐるぐる繰り返しで、
        結局築けた人間関係も、今は私は面倒思い始めた。
        色々な悪いところもいいところも知るうちに、
        私の心の闇が広がるたびに、膨大な悪いところが目について、
        そんなこと言うなら途中で止めろよ、とか
        ひそひそ後ろで何か言うならちゃんと言えよって
        すごくすごく人間が嫌いになっていった。
        今は嫌いな方。

        沢山の好きな部分に目を向けたいのに、
        向けられない何かがある。

        私自身の問題だってことはわかってるし、
        ちゃんとごめんなさい、と思っているのに
        それを理解してもらえないことに
        とても歯痒い思いとイライラが募る。

        人は悪口を言わなければ生きていけない
        でもわざわざそれを人のいる前で喋って、
        聞かせるつもりもないのに、こっちは聞いて
        距離をどんどん離していって、結局原点に戻る。
        そして私の中には所詮これか。っていう記憶にしか残らない。

        私の悪いところもいいところも知ってくれてる人なんてほんの僅かで
        その適度な距離を保ってくれる友人にも、保とうとしている私にも、感謝しなければいけない。

        私は基本すぐに仲良くなれないし、
        仲良くなっても顔色は伺っているし
        多分だけど私はそれをみて気づいて欲しいのだ。
        こんなに頑張ってる、って言うのを
        気づいて欲しいのだ。

        わたしも面倒な人間なのだ。
        結局原点に戻る、のは。

        人の嫌な部分を見て、それに同調されたくない。
        いじめられる人の気持ち、わからないから
        自分の感情の赴くままにできるんだよ。
        私はそれが羨ましい。

        人間の根本的な部分が嫌い。



        だからこそ、私は早く外に出たい。
        長くその場に居続けることで、マイナスになるんだよ
        ってことも知ったいま。

        わたしは原点からまたやり直したい。
        自分の性格もちゃんと見据えて、やり直したい。

        こんな自分が嫌いだけど、
        こんな嫌な人間で溢れてるまわりが嫌いだけど、
        わたしはまたゼロからスタートなんだ。

        原点。大事。
        ゼロから。大事。

        もう迷わない。
        わたしはわたしらしく
        失敗しても、笑わないそんな人になりたいし、
        そんな人になれたらそんな人しか寄ってこない
        そんな世界に足を踏み入れたい。

        原点回帰。

        自由の中の束縛

        0
          今の私は何もなくて、自由すぎるほど自由で、
          したいことはちゃんとお金さえあれば全て叶えられるくらいには
          何にも縛られてなくて、でも、この自由すぎる中でちゃんと自分を束縛しないと
          ダメになっちゃうような気がしてる。
          来年はもっともっと自由になってどこにでも羽ばたいていけるようなそんな時間が沢山ある。
          そして多分だけれどもっとお金も稼げるようになってると思う。
          それだけたくさんの自由の中で、わたしはやっぱりそれを
          楽器とともに羽ばたきたいし、なんならずっとずっと楽器とどこかにいきたい
          べつに日本だけじゃない。海外にも足を運びたい。
          お母さんがなくなって、おばあちゃんのこともお父さんのことも大切にしていきたいけど、
          自分の道はやっぱりどうしても後悔ないようにやりたいことをどんどんみつけて
          どんどん進めていきたい。それが海外だったとしても、出ていきたい。
          自由は素晴らしいけれど自由すぎることで自分をダメにしないように
          ある程度の束縛と自立心が必要で、それをちゃんと見つけることが
          これから先の卒業までの課題かな。
          お金の稼ぎ道も探さないとだけれど、それは多分わたしの束縛と自立心が
          あと数ヶ月でもう少し育ったらきっともっといいものに巡り会えると思ってるから
          もう少しだけふらふらさせててね。って自分に言い聞かせてる。
          こうやって記録をつけていくことでその時その時のわたしの感情の変化がわかるから
          続けててよかったなぁって思うよ。
          これもある意味の振り返りという名の過去へ束縛されてる表れなんだろうね。

          わからない

          0
            自分がどうでありたいのか、全くわからない
            過去の記事を見返していて、yuma先輩が好きだったり、knnoさんが好きだったり
            msrが好きだったり、沢山好きがあったけど、
            今はtisiが好きでいて。
            でもそれはきっと、私の愛が飢えてるから好きになってしまって
            寂しくてひとりでいたくないから、そうならないためにいてくれる人を探したのであって、
            yuma先輩の時のように、ひとめぼれとかそういうことでないってわかってる。
            あの人以上に好きな人が出てこない。
            いや、わたしがそうならないようにしてる。
            一目惚れをしたとして、また、きっと、捨てられる。
            そうなりたくなくて、好きに蓋をしてる。線を引いてる。
            いつか超える人が本当に出てくるのかわからない。
            わからないのは当たり前だ。
            それでも、わたしは、先輩以上に好きになれる人がきてほしい。
            そう思えるような人にめぐり逢いたい。
            そう思われる人になりたい。
            願わくば、また、戻りたいけれど。
            わたしはいつまで君のことが好きなんだろう。
            大好きだよ。先輩のことは誰よりも、ずっと、絶対好き。


            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            powered by JUGEM

            PR